ANAの株主優待券は安心感が違います

驚くほど安く旅行ができるとしたら?そんなお得情報を扱っています! - ANAの株主優待券は安心感が違います

ANAの株主優待券は安心感が違います

現状において最も安定している日本の航空会社は、ANAです。
JALに付けられたハンディにも負けず、関連会社でLCCを有し、スカイマークやエアドゥをも支援をしている。
そんな企業の株主優待券を使ってみませんか。
安心感が違います。

千株で1枚もらえます

ANAの株主還元は、千株以上を持つ人に1枚の優待券、そして千株追加ごとに1枚配布されます。
昔から続く株式形態なので、JALやスターフライヤーとは1株当たりの株価が1桁が違います。
とはいえトータルの価値に変わりはありません。

つまり株価は300円前後を維持しています。
優待券1枚の値段に換算すると30万円程度でしょうか。
しかし千株あれば系列のホテルやゴルフ場などでも使えるグループ優待券がもらえます。
お得感はあるでしょう。

ちなみに権利確定日は3月末および9月末です。
9月の株主へは翌年のカレンダーが12月初旬に届くようです。
こちらも人気の商品です。

2016年6月1日ご搭乗分から、一部の便において、株主優待割引運賃用のお座席数を定めた上で、これを上限としてご予約を承る方法へ変更させていただくことと致しました。

引用元:株主優待のご案内 | 株式情報 | 株主・投資家情報 | ANAグループ企業情報

フライト毎の座席数が制限されます

優待券1枚につき片道の航空券が1枚、正規料金の50%オフで購入できます。
この点は他社と同じことです。
もちろんANAなら日本全国路線数が豊富です。
金券ショップで入手しても使い勝手に困ることはないでしょう。

なお2016年6月1日の搭乗分から、各フライト当たりの座席数が制限されています。
これは利益を確保するために年末年始など繁忙期の利用をセーブしたい狙いがあると噂されています。
今後の動向をチェックすべきでしょう。

とはいえ早割のチケットなどでも予約できる数には限りがあります。
そう考えれば出発の当日まで変更もできる株主割引の優位性は揺らがないでしょう。

割高ですが妥当な価値です

金券としての価値は、買取が3,000円、販売が4,000円程度でしょうか。
そのため割高なイメージはありそうです。
しかしANAという安定感、安心料と考えれば、妥当な金額かもしれません。
金券サイトのランキングでは、常に上位にあるチケットだからです。

使ってみましょう

初めて航空会社の株主優待券を利用する人ならば、ANAを使ってみましょう。
失敗するリスクは少ないので初心者におすすめです。
プライベートな旅行でも出張でも、もちろん手放す際も売り先に困ることはないはずです。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 大手航空会社や格安航空券を使った激安飛行機チケット情報サイト All Rights Reserved.